日本農林規格 JAS登録認定機関(地鶏肉・有機農産物・有機加工食品・有機飼料及び有機畜産物)第112号
日本農林規格 JAS登録認定機関(生産情報公表牛肉・豚肉・農産物・加工食品及び養殖魚) 第113号
大規模安定同位体比データベースに裏打ちされた科学的「産地証明」

更新日: 2017-10-22
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

JAS法の遵守と消費者の為の表示の信頼性を確保。 そして同時に認定事業者が適切な認定管理体系を維持できるよう、認定業務従事者は、真摯に、また最善を尽くして対応致します。

株式会社ジオサートは、科学的産地判別検査分野で国内随一の規模と実績を有する株式会社同位体研究所の認定部門を担当する子会社として設立されました。 ジオサートでは、有機JAS認定・生産情報公表JAS認定を運営しており、国内・外国にて数々の認定事業者にJAS認定を実施しています。 また2013年1月に株式会社日本同位体分析研究所の運営していたJAS認定事業を承継し、両社のJAS認定を統合して運営しています。

認定機関の使命は、JAS法を遵守し、JASに定める認定技術要件を申請者が適正に遂行するか、独立第三者機関として審査及び実地検査し、JAS法に基づく認定を行う事にあります。 しかし、同時に認定機関は、消費者と認定事業者をつなぐ架け橋として、認定の普及に努めなければなりません。 このためには、認定業務に従事するスタッフは、JAS基準に対する深い知識・経験は当然の事ながら、認定事業者に対して適切なアドバイスを行い、認定要件維持をサポートする立場にもあります。 
JAS基準の遵守を根本としながら、認定事業者への対応、相談や照会への迅速な対応など、その使命は多岐にわたります。 
ジオサートにおいては、JAS法に基づく認定事業の運営と科学的産地判別技術に基づく産地認証事業を運営していますが、科学的分析法、サンプリング法など分析検査分野にも精通したジオサートは、JAS法における体系認証においても、事業者の運営管理をより適正な状態に維持するうえで役立つものです。

ジオサートは、今後ともJAS認定事業の適正な運営を行って参ります。

株式会社ジオサート。 

登録番号
認定機関番号:112及び113
地域
国内及び外国
認定の種類
有機農産物
有機加工食品
有機畜産及び有機飼料
生産情報公表JAS(豚肉、牛肉、養殖魚、加工食品、農産物)

ジオサートの親会社である株式会社同位体研究所は、うなぎ、タケノコ、里芋、牛肉、豚肉、鶏肉などの産地や原産国判別検査を提供する国内初の検査機関しられます。 頻発する表示偽装や、国内生産者の正当性証明のための各種産地判別検査を提供していますが、JAS認定業務を通じて、生産体系の管理やトレーサビリティの確保の為の認定サービスを提供する事により、分析検査と認定という顧客の方々のニーズに即したサービスの提供を行うため、認定部門を株式会社ジオサートとして独立させました。 JAS認定により生産体系認定を取得された方々が、必要に応じた科学的な産地証明が必要な場合でも、ジオサートは、万全の対応を可能としています。